夕学五十講

夕学サテライト配信履歴(2006年度 前期)

2006/04/06 (木)
「科学ニッポン最前線」
立花 隆
評論家・ジャーナリスト
政治から宇宙開発、サル学、分子生物学、脳科学など幅広い分野で文筆活動を行う“日本の知の巨頭”がついに登壇。科学技術の観点からこの国の未来をうらなう。

2006/04/07 (金)
「日本が胎動していない」
野口 悠紀雄
早稲田大学大学院ファイナンス研究科 教授
景気は回復基調と言われるが、小泉構造改革は経済・財
政改革を成し遂げられず、その予兆もない。この国は未
来に向け動き出すことはできるのか。野口教授に伺う。
2006/04/14 (金)
「脳と創造性」
茂木 健一郎
ソニーコンピュータサイエンス研究所 シニアリサーチャー
半ば必然的で半ば偶然。ビジネスも人生もその連続だ。
脳科学の最先端を行く茂木氏はヒトの脳はその「偶有性」に
対応できるという。脳を鍛え生き抜く力を身につけたい。
2006/04/20 (木)
「26番目の選手とともに」
荒木 重雄
株式会社千葉ロッテマリーンズ 事業部 部長
優勝チームですら10回中4敗するプロ野球。勝敗以外に
ファンをひきつける要因18項目を分析。自治体・JRも巻
き込んでの改善で成功を収めた舞台裏について伺う。
2006/05/10 (水)
「やっぱり変だよ日本の営業 2006」
宋 文洲
ソフトブレーン株式会社 取締役会長
成人後に来日、起業・上場した外国人第1号。日本企業
の非製造部門の非効率性改善のためのソフト開発とコン
サル事業を進める中で、さらに気づいた変な営業とは?
>>本講演は講演75分、質疑応答45分を予定しています。
2006/05/12 (金)
「資産運用力を磨こう」
澤上 篤人
さわかみ投信株式会社 代表取締役社長
長期運用で地道に「サラリーマンの財産を作る」。当初注目すらされなかったファンドはいまや資産総額1800億円超。低金利、年金制度が危うい時代の護身術を考えたい。
>>本講演は講演60分、質疑応答60分を予定しています。
講師希望により紹介ページはありません。

2006/05/16 (火)
「演劇の方法論で学ぶコミュニケーション」
平田 オリザ
劇作家・演出家
大学在学中の青年団結成から演劇にかかわり、現在は教
育、言語、文芸等幅広く活動する平田氏。コミュニケー
ションを演劇という新しい切り口から考えてみたい。

2006/05/18 (木)
「下流社会の実像」
三浦 展
カルチャースタディーズ研究所主宰、消費社会研究家
ベストセラーとなったタイトル以外にも「かまやつ女」
など独自の概念を発表し続ける。一貫して文化研究とマ
ーケティングに関わってきた目で見る日本の実像とは?
2006/05/23 (火)
「夢の実現で地域活性化を」
青木 豊彦
東大阪市モノづくり親善大使、株式会社アオキ 代表取締役
「夢を打ち上げるんやない。夢で打ち上げるんや」中小
企業約8、000社が集まる東大阪から人工衛星「まいど1号
」打上プロジェクトで図る街興しについてお聞きする。
>>講師紹介ページに推薦図書の追加記載があります。

2006/06/02 (金)
「道を究めるということ」
武田 美保
シンクロスイマー
ジュニア世界選手権から活躍をはじめ、3回のオリンピ
ックで合計5つのメダルを得た。体力・気力を維持し、
戦い続けながら道を究めることの素晴らしさを伺う。
2006/06/07 (水)
「家族という関係」
リリー・フランキー
作家・イラストレーター
多彩な分野で活躍。書き始めから出版まで4年の歳月を
かけた私小説『東京タワー』がベストセラーになり一躍
時の人に。母・父・祖父母等の家族の関係と意味を深く掘り下げる。
2006/06/14 (水)
「笑う哲学者かく語れり」
土屋 賢二
お茶の水女子大学 教授
学術論文のようでいて論理的に奇妙な文章。独特の作風
で人気を集めジャズピアノのライブも行う『笑う哲学者
』。難解な哲学へ気軽に入門する貴重なチャンスである。
2006/07/05 (水)
「勝てるチーム、勝てるリーダー」
清宮 克幸
サントリーラグビー部サンゴリアス 監督
就任後5年間で3度の全国大学選手権優勝を導き、早稲田
ラグビー部の黄金時代を築いた。短期でリーダー育成と
チーム立直しを成し遂げた極意に学びたい。
2006/07/11 (火)
「グローバルリーダーシップ開発の現場から」
一條 和生
一橋大学大学院社会学研究科 教授、IMD 教授
企業内教育など実践面でのフィードバックを活かした研
究を行い欧州トップクラスのIMDでMBAの教鞭をとる一條
教授が再登壇。リーダーシップの最前線について伺う。

2006/07/19 (水)
「現代という時代」
羽生 善治
棋士
1272対局中934勝、通算62期のタイトルを獲得。決断の
連続である対局を重ねる中で研ぎ澄まされてきた羽生氏の決断力。現代という文脈のなかでの決断力の磨き方を伺う。