夕学五十講

講師紹介

田村 次朗
たむら じろう
講演日 2019/07/02 (火)
慶應義塾大学法学部教授
ハーバード大学国際交渉学プログラム・インターナショナル・アカデミック・アドバイザー

講師略歴

ハーバード大学ロー・スクール修士課程、慶應義塾大学大学院法学研究科民事法学専攻博士課程。
専門は経済法、国際経済法、および交渉学。日本における交渉学の第一人者。
各省庁などの委員を務めるとともに、日米通商交渉、WTO(世界貿易機関)交渉等に携わる。
ハーバード大学国際交渉プログラムのインターナショナル・アカデミック・アドバイザー、ダボス会議(世界経済フォーラム)の「交渉と紛争解決」委員会の委員を務める等、最前線における国際交渉の活躍経験もある。またその一方で、実務教育としての「交渉学」の開発に取り組んでいる。

講演内容

「対話型リーダーシップのすすめ~リーダーシップ基礎教育への挑戦~」

慶應義塾大学では、リベラル・アーツ教育を補完する新しい教育として、リーダーシップ基礎教育(MCC・福澤諭吉記念文明塾・三田オープンカレッジなど)に取り組んでいます。
国際社会は、多様な背景を持つ人々による対立がさらに激化し、国家・組織・企業などそれぞれのレベルで、安易な駆け引きや譲歩などが横行しています。
この状況を改善し、深刻な対立、摩擦を乗り越えるために対話型リーダーシップを教えています。
このような基礎力によって真のリーダーシップを発揮できると考え、その内容と教育効果についてご紹介します。


主要著書

成熟時代の日米論争』(共著)、慶應義塾大学出版会(Keio UP選書)、1996年
独占禁止法50年(経済法学会年報・第18号)』(共著)、有斐閣、1997年
ディジタルメディア革命』(共著)、慶應義塾大学出版会(Keio UP選書)、1998年
アメリカ独占禁止法-実務と理論』(共訳)、三省堂、1999年(2004年・改訂版)
知的創造時代の知的財産』(共著)、慶應義塾大学出版会(Keio UP選書)、2000年
WTOガイドブック』弘文堂、2001年(2006年・第2版)
司法制度改革と法科大学院』日本評論社、2003年
交渉の戦略』ダイヤモンド社、2004年
法と経済学』(共著)、東京大学出版会、2007年
交渉学入門』(共著)、日本経済新聞出版社、2007年
ビジュアル解説 交渉学入門』(共著)、日本経済新聞出版社、2010年
ハーバード×慶應流 交渉学入門』中央公論新社(中公新書ラクレ)、2014年
戦略的交渉入門』(共著)、日本経済新聞出版社(日経文庫)、2014年