夕学五十講

講師紹介

日向野 幹也
ひがの みきなり
講演日 2016/10/14 (金)
早稲田大学大学総合研究センター 教授

講師略歴

1954年生まれ。
東京大学経済学部卒業、東京大学大学院社会科学研究科博士課程修了、経済学博士(東京大学)。
1983年、東京都立大学経済学部勤務(~2005年3月)。
2005年4月から立教大学教授。
2016年4月より早稲田大学大学総合研究センター教授。

立教大学では2006年日本随一・世界でも稀な学部レベル・5学期連続・必修を含む正課リーダーシップ開発プログラムBLPを立ち上げる。
以後一貫して同プログラムの拡充に努め、2008年文科省・日本学術振興会「教育GP」に選定され、続いて2011年には「教育GP」の成果審査の結果、全国全分野合計でのトップ15プログラム(首都圏私立大で唯一。教育GP応募プログラム数で数えるとトップ1.6%)に選ばれる。
2013年4月には立教大学全学を対象とするGLPも立ち上げる。
このBLP/GLPが、2011年日本アクションラーニング協会年間賞、2014年世界アクションラーニング機構World Institute for Action Learning (WIAL,本部ワシントンDC)Academic Sector Awardを受賞。

専攻: リーダーシップ開発論

日本アクションラーニング協会認定シニアALコーチ、WIAL認定グローバルALコーチ。
ブログ「日向野幹也の研究室」やFacebookTwitterでも発信中。

講演内容

「新しいリーダーシップのあり方と学び方」


主要著書

入門ビジネス・リーダーシップ』(共著)、日本評論社、2007年
大学教育アントレプレナーシップ―新時代のリーダーシップの涵養』ナカニシヤ出版、2013年