夕学五十講

講師紹介

小林 雅一
こばやし まさかず
講演日 2015/10/22 (木)
KDDI総研 リサーチフェロー

講師略歴

1963年生まれ。
東京大学・理学部物理学科卒、同大学院修士課程了。
東芝、日経BP、読売アメリカ、慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所非常勤講師などを経て、
2006年よりKDDI総研 リサーチフェロー。
情報セキュリティ大学院大学客員准教授も兼務。
『AIの衝撃 人工知能は人類の敵か』『クラウドからAIへ』ほか著書多数。

講演内容

「AIの衝撃 人工知能は人類の敵か」

AI(人工知能)が世界的な関心を集めています。自動車や家電製品から工場管理、金融、軍事まで多方面へのプラス効果が期待される一方、「AIの暴走」「AIが私達の雇用を奪う」果ては「AIが人類を滅ぼす」など過度に恐怖心を煽る報道なども見受けられます。実際はどうなっているのでしょうか?本講演ではAIの中身(技術)にまで踏み込んで、その実態を分かり易く解説。AIが私達にとって、本当は何を意味するのかを考えていきたいと思います。


主要著書

スーパースターがメディアから消える日』PHP研究所、2000年
わかる! クリック&モルタル』ダイヤモンド社、2001年
グローバル・メディア産業の未来図』光文社、2001年
隠すマスコミ、騙されるマスコミ』文藝春秋、2003年
コンテンツ消滅』光文社、2004年
社員監視時代』光文社、2005年
欧米メディア・知日派の日本論』光文社、2006年
神々のWeb3.0』光文社、2008年
モバイル・コンピューティング』PHP研究所、2010年
ウェブ進化 最終形 「HTML5」が世界を変える』朝日新聞出版(朝日新書)、2011年
スマートフォンのすすめ―手のひらのクラウドで未来を生きる』ぱる出版、2011年
日本企業復活へのHTML5戦略』光文社、2012年
クラウドからAIへ アップル、グーグル、フェイスブックの次なる主戦場』朝日新聞出版(朝日新書)、2013年
AIの衝撃 人工知能は人類の敵か』講談社(講談社現代新書)、2015年


推薦図書

AIの衝撃 人工知能は人類の敵か』小林雅一著、講談社(講談社現代新書)、2015年
クラウドからAIへ アップル、グーグル、フェイスブックの次なる主戦場』小林雅一著、朝日新聞出版(朝日新書)、2013年


推薦サイト

http://gendai.ismedia.jp/category/ittrend 「ITトレンド・セレクト」(現代ビジネス)