夕学五十講

講師紹介

山下 洋輔
やました ようすけ
講演日 2015/07/01 (水)
ジャズ・ピアニスト
国立音楽大学招聘教授

講師略歴

1969年、山下洋輔トリオを結成、フリー・フォームのエネルギッシュな演奏でジャズ界に
大きな衝撃を与える。国内外の一流ジャズ・アーティストとはもとより、和太鼓やシンフォ
ニー・オーケストラとの共演など活動の幅を広げる。
1988年、山下洋輔ニューヨーク・トリオを結成。国内のみならず世界各国で演奏活動を
展開する。

2000年に発表した自作協奏曲を佐渡裕の指揮により04年にイタリア・トリノで再演。06年
オーネット・コールマンと、07年にはセシル・テイラーと共演。08年「ピアノ協奏曲第3番
<エクスプローラー>」を発表。09年、一柳慧作曲「ピアノ協奏曲第4番 "JAZZ"」を世界
初演。歴代メンバー総出演の「山下洋輔トリオ結成40周年記念コンサート」を開く。

2013年、ニューヨーク・トリオ結成25周年アルバム『グランディオーソ』をリリース。
2014年には山下洋輔スペシャル・ビッグバンドのCD『ボレロ|展覧会の絵』をリリースし、
コンサート・ツアーを開催する。

1999年芸術選奨文部大臣賞、03年紫綬褒章、12年旭日小綬章を受章。
国立音楽大学招聘教授。
演奏活動のかたわら、多数の著書を持つエッセイストとしても知られる。

公式ホームページ http://www.jamrice.co.jp/yosuke/

撮影 ©Jimmy & Dena Katz

講演内容

「魂の音楽 ジャズの魅力」

ジャズ演奏家としての私の経験を手がかりに、分かりやく「ジャズとは何か」を考えたい
と思います。誰でも知っているメロディがどのように「ジャズ」になるのか。アフリカ起源の
魅力的な節回しを形作る「ブルーノート」の秘密とは何か。その他、ジャズの魅力につい
てピアノを使いながら説明します。
ジャズに特有の即興演奏がそのまま反映されるような「ライブ講演」になることでしょう。


主要著書

ドファララ門』晶文社、2014年
猫返し神社』飛鳥新社、2013年
即興ラプソディ 私の履歴書』日本経済新聞出版社、2012年
山下洋輔の文字化け日記』小学館(小学館文庫)、2009年
山下洋輔のジャズの掟』山下洋輔・香取良彦(共著)、全音楽譜出版社、2008年
音楽マル秘講座』(共著)、新潮社、2001年(2014年・新潮文庫) 他


推薦図書

ジャズの歴史』相倉久人著、新潮社(新潮新書)、2007年