夕学五十講

講師紹介

川村 元気
かわむら げんき
講演日 2015/05/26 (火)
映画プロデューサー・小説家

講師略歴

1979年、横浜生まれ。
映画プロデューサーとして『電車男』『デトロイト・メタル・シティ』『告白』『悪人』『モテキ』
『おおかみこどもの雨と雪』『寄生獣』などの映画を製作。
2010年、米The Hollywood Reporter誌の「Next Generation Asia」に選出され、
翌2011年には優れた映画製作者に贈られる「藤本賞」を史上最年少で受賞。
2012年には、ルイ・ヴィトン・プレゼンツのCGムービー『LOUIS VUITTON -BEYOND-』
のクリエイティブ・ディレクターを務める。
同年に初小説『世界から猫が消えたなら』を発表。同書は本屋大賞へのノミネートを受け、
80万部突破の大ベストセラーとなり、佐藤健、宮崎あおい出演での映画化が決定した。
2013年にはアートディレクター佐野研二郎と共著の絵本『ティニー ふうせんいぬのもの
がたり』を発表し、同作はNHKでのアニメ化が決定している。

その他の著書として、イラストレーター益子悠紀と共著の絵本『ムーム』、山田洋次・沢木
耕太郎・杉本博司・倉本聰・秋元康・宮崎駿・糸井重里・篠山紀信・谷川俊太郎・鈴木敏夫・
横尾忠則・坂本龍一ら12人との仕事の対話集『仕事。』、BRUTUS誌に連載され、
二作連続の本屋大賞ノミネートを受けた小説第二作『億男』がある。

主な作品
(映画)
『電車男』(2005年/企画)
『デトロイト・メタル・シティ』(2008年/企画)
『告白』(2010年/企画)
『悪人』(2010年/プロデューサー)
『モテキ』(2011年/企画・プロデュース)
『おおかみこどもの雨と雪』(2012年/アソシエイトプロデューサー)※アニメーション作品
『寄生獣』(2014年/プロデューサー)

(テレビアニメ)
『ふうせんいぬティニー』NHK、(2014年/原作)

(広告)
『LOUIS VUITTON -BEYOND-』LOUIS VUITTON 、(2012年/クリエイティブ・ディレクター)

講演内容

「企画における”発見”と”発明”」

僕は普段の生活のなかから、自分が気付いた違和感を企画のタネとして”発見”し、そこに
いくつかの”発明”を加えることで優れた企画が生まれると思っています。今回はその僕の
思考過程のプロセスを、いくつかの実例とともに、お話しできればと思っています。


主要著書

(小説)
世界から猫が消えたなら』マガジンハウス、2012年(2014年・小学館文庫)
億男』マガジンハウス、2014年
(絵本)
ティニー ふうせんいぬのものがたり』(佐野研二郎との共著)、マガジンハウス、2013年
ムーム』(益子悠紀との共著)、白泉社、2014年
ふうせんいぬティニーのはじめてBABY』(佐野研二郎との共著)、マガジンハウス、2014年
パティシエのモンスター』(サカモトリョウとの共著)、マガジンハウス、2015年
(著作)
仕事。』(山田洋次・沢木耕太郎・杉本博司・倉本聰・秋元康・宮崎駿・糸井重里・篠山紀信・
 谷川俊太郎・鈴木敏夫・横尾忠則・坂本龍一との共著)、集英社、2014年