夕学五十講

講師紹介

宮本 恒靖
みやもと つねやす
講演日 2014/04/14 (月)
元サッカー日本代表主将

講師略歴

1977 年生まれ(大阪府富田林市出身)
身長 176cm 体重 72kg

【出場試合数/得点】
日本代表 国際Aマッチ 通算71 試合出場 3 得点
J リーグ(J1) 通算337 試合出場 8 得点
オーストリアブンデスリーガ 通算21 試合出場
UEFA チャンピオンズリーグ 通算2 試合出場

【主な実績】
1993 年 FIFA U-17 世界選手権(ベスト8)
1997 年 第9 回FIFA ワールドユース選手権(ベスト8)
2002 年 FIFA ワールドカップ日韓大会(ベスト16)
2004 年 AFC アジアカップ(優勝)
2006 年 FIFA ワールドカップドイツ大会

【略歴・活動など】
10 歳より本格的にサッカーを始め、高校(大阪府立生野高校)時代はガンバ大阪のユース
チームに所属。
高校卒業後、1995 年ガンバ大阪に入団と同時に同志社大学経済学部への入学を果たし、
プロスポーツと学業の両立した生活を送る(大学は2001 年3 月卒業)。
ガンバ大阪では、鋭い読みと優れたラインコントロールで守備の要として活躍、2005 年には
ガンバ大阪初のJ リーグ優勝を達成。
2007 年オーストリア1 部リーグ・レッドブルザルツブルクに移籍、2年間プレーした後、2009
年1 月にヴィッセル神戸に加入。
日本代表では、各世代でキャプテンを務め、2002 年日韓大会、2006 年ドイツ大会と2 つの
FIFA ワールドカップにてキャプテンとして、またディフェンスの統率役としてチームを牽引。
2011 年12 月、現役引退を発表、惜しまれつつも17 年間の現役生活にピリオドを打つ。

引退後は、2012 年9月よりFIFA マスター(FIFA が運営するスポーツに関する大学院)にチャ
レンジし、イギリス・イタリア・スイスでの受講を経て2013年7月末に修了。
現在は、JFA国際委委員、Jリーグ特任理事も務め、FIFA マスターでの経験をいかにサッカー
界に還元できるかを考えつつ、欧州での指導者ライセンス取得にも挑戦中。

2 児の父で子供の教育問題にも関心が高く、NPO 法人KIDS SAVER のプロポーザーとして
も活動。
語学の修得に熱心で、英語・ドイツ語に堪能。
フットサル場を自ら運営し、サッカー・フットサルの普及活動も行っている。

【関連リンク】
宮本恒靖公式サイト(PC) tsuneyasu-miyamoto.net
宮本恒靖オフィシャル(モバイル) tsune5.com
ミヤモトフットサルパーク www.miyamoto-futsal.com
KIDS SAVER www.kids-saver.com

講演内容

「FIFAマスターで考えた日本サッカーの未来地図」


■ この講演にご関心をお持ちの方へ

  スポーツの世界を題材に新時代の人の育て方を考えましょう
  ・6/17(火) 山口 香氏 「スポーツの意味と価値~暴力に頼らない指導~」


主要著書

主将論』幻冬舎(幻冬舎新書)、2010年
宮本式・ワンランク上のサッカー観戦術』朝日新聞出版(朝日新書)、2012年
日本サッカーの未来地図』角川学芸出版、2014年