夕学五十講

講師紹介

阿刀田 高
あとうだ たかし
講演日 2014/07/29 (火)
作家

講師略歴

1935年(昭和10年)、東京生まれ。
早稲田大学文学部仏文科卒業後、一時国立国会図書館に勤務。
その後、軽妙なコラムニストとして活躍した後に短編小説を書き始め、1979年『来訪者』
で日本推理作家協会賞、短編集『ナポレオン狂』で直木賞を受賞。
1995年『新トロイア物語』で吉川栄治文学賞、国語政策への寄与に対して2003年紫綬褒章、
2009年旭日中綬章をそれぞれ受賞。
日本ペンクラブ第15代会長、1995年より2014年1月までの19年間、直木賞選考委員を
務める。
2012年より山梨県立図書館館長に就任。

日常の裏側を垣間見る独自のブラックユーモアや、ギリシャ神話、聖書、古典などを容易
に読み説いた「知っていますか」シリーズなどに定評がある。

講演内容

「知的創造の作法」

知識は創造のために、これが私の講演のモットーです。好奇心を駆使して知識を蓄えること
は現代を生きるうえでとても大切なことですが、それはただの物識りを作るためだけではなく、
それぞれの創造性に結びつかなければ、つまらない。想像力を広げ、さまざまな創造に結実
させるにはどう考えたらよいのだろうか、私の体験を楽しく語りたいと思います。
日常的な創造はいろいろなところに伏在しており、ちょっとしたアイデアが生活を活性化させ
ることに役立つと私は考えております。


■ この講演にご関心をお持ちの方へ

  知性は鍛えないと身につかない!
  ・7/8(火) 上田 正仁氏 「考える力の鍛え方」


主要著書

知的創造の作法』新潮社(新潮新書)、2013年
悼む力』PHP研究所、2013年
源氏物語を知っていますか』新潮社、2013年
妖しい関係』幻冬舎、2012年
日本語の冒険』角川書店、2012年
恋する「小倉百人一首」』角川書店、2011年(2013年・角川文庫)
闇彦』新潮社、2010年(2013年・新潮文庫)


推薦図書

知的創造の作法』阿刀田高著、新潮社(新潮新書)、2013年