夕学五十講

講師紹介

長谷部 葉子
はせべ ようこ
講演日 2013/11/19 (火)
慶應義塾大学環境情報学部 准教授

講師略歴

東京生まれ。
慶應義塾大学環境情報学部卒業。慶應義塾大学政策・メディア研究科修士課程修了。
現在、慶應義塾大学環境情報学部准教授、コンゴ大学客員教授(コンゴ民主共和国)。

専門は、異言語・異文化コミュニケーションを基盤とした英語教育、カリキュラムデザインと
その教授法。
「教育」と「コミュニケーション」を研究する長谷部研究会を率いており、「学校は社会の縮図」
であると捉え、「教育の原点に立ち、そこから各自のやりたいことの本質を徹底的に見いだす
こと」に実践的な立場から取り組んでいる。
卒業生は、国内外で多岐にわたり活躍しており、学生たちからは、「迷いの森の出口を教え
てくれる魔法使い」「SFCのビッグママ」「ママヨーコ」と呼ばれ親しまれている。
自身、不登校、いじめや病気、高校・大学受験失敗などを経験し、そこからの問題意識で、
20代半ばから寺子屋(私塾)を立ち上げ、「子どもたちを死なせない、活き活きと活かす教育」
に取り組み続けている。
35歳で大学入学、40代で大学院修了後、現職につく。

講演内容

「慶應SFCのビッグママが語る人生論」

みなさんは、今しあわせですか。どのような状態になったら、何を成し遂げたら「しあわせ」だ
というのでしょうか。私たちが生きている中で、一番大切なのは、「日常をどう生きているか」
ではないでしょうか。生きるための答えは、全て日常にあります。全ての人生の保証は「現在」
にあります。そして少し飛躍するようですが、全ての将来への「希望」は子どもたちにあります。
私たちのみならず、「子どもたちを死なせない」人生を作るには、私たちはどう生きたらいいの
でしょうか。全ての「おとな」のみなさんと集い、語るひと時にしたいと思います。


■ この講演にご関心をお持ちの方へ ― 夕学スタッフからおすすめの3講演 ―
  ・11/21 (木) 駒崎弘樹氏 「社会を変えるを仕事にする!~社会起業家という生き方~」
  ・12/11 (水) 東浩紀氏 「もうひとつの民主主義」
  ・1/28 (火) 國領二郎氏 「ソーシャルな資本主義」