夕学五十講

講師紹介

千住 真理子
せんじゅ まりこ
講演日 2013/10/16 (水)
ヴァイオリニスト

講師略歴

2歳半よりヴァイオリンを始める。全日本学生音楽コンクール小学生の部全国1位。NHK交響楽
団と共演し12歳でデビュー。
日本音楽コンクールに最年少15歳で優勝、レウカディア賞受賞。パガニーニ国際コンクールに
最年少で入賞。
慶應義塾大学卒業後、指揮者故ジュゼッペ・シノーポリに認められ、87年ロンドン、88年ローマ
デビュー。
国内外での活躍はもちろん、文化大使派遣演奏家としてブラジル、チリ、ウルグアイ等で演奏
会を行う。また、チャリティーコンサート等、社会活動にも関心を寄せている。

1993年文化庁「芸術作品賞」、1994年度村松賞、1995年モービル音楽賞奨励賞各賞受賞。
1999年2月、ニューヨーク・カーネギーホールのウェイル・リサイタルホールにてソロ・リサイタル
を開き、大成功を収める。
2002年秋、ストラディヴァリウス「デュランティ」との運命的な出会いを果たし、話題となる。
2010年はデビュー35周年を迎えた。
クライスラー没後50年にあたる2012年12月には、最新アルバム「愛のクライスラー」をリリース
した。
2013年には全国で、1月にプラハ交響楽団、12月にスーク室内オーケストラとのツアーを行う。
コンサート活動以外にも、講演会やラジオのパーソナリティを務めるなど、多岐に亘り活躍。

著書は『聞いて、ヴァイオリンの詩』(時事通信社、文藝春秋/文春文庫)『歌って、ヴァイオリン
の詩 2
』(時事通信社)、母との共著『母と娘の協奏曲』(時事通信社)『命の往復書簡 2011~
2013
』(文藝春秋)など多数。

千住真理子オフィシャル・ホームページ http://www.marikosenju.com/

講演内容

「生命の音、音の力」

普段はステージで、ヴァイオリン演奏を聴いて頂いてますが、今回の講義は「話」です。
しかし一方的なトークにはしたくありません。
皆さん参加型のスペシャルタイムが始まります。
皆さんと、互いに意見を交換し語り合いながら、音楽について、芸術について、ボランティア
について、または人生について語り合いませんか?
この出会いを、友情へと繋げて行きたいー。私は皆さんの参加を、そして出会いを、今から
楽しみにしています。

                                                千住真理子

■ この講演にご関心をお持ちの方へ ― 夕学スタッフからおすすめの3講演 ―
  ・11/15 (金) 高階秀爾氏 「人生を豊かにする芸術~言葉とイメージの交響~」
  ・1/14 (火) 川上真史氏塚越慎子氏田幸知有紗氏
          「グローバルで活躍する人のための『教養』とは~音楽の世界から~」
  ・1/16 (木) 安田菜津紀氏 「写真で伝える、世界・日本の貧困と災害」


主要著書

ふだん着でトーク』音楽の友社、1989年
生命が音になるとき』オーム社(テクノ選書)、1995年
聞いて、ヴァイオリンの詩』時事通信社、2000年(2009年・文春文庫)
母と娘の協奏曲』(千住文子との共著)、時事通信社、2005年
千住真理子とコンサートへ行こう』旬報社、2006年
歌って、ヴァイオリンの詩 2』時事通信社、2009年
命の往復書簡 2011~2013 母のがん、心臓病を乗り越えて』(千住文子との共著)、
文藝春秋、2013年
※『生命が音になるとき』は、1998年より高等学校用国語検定教科書『高校生の国語Ⅰ
改訂版』(明治書院)に掲載される。


推薦図書

命の往復書簡 2011~2013 母のがん、心臓病を乗り越えて』千住文子・千住真理子(共著)、
文藝春秋、2013年