夕学五十講

講師紹介

三浦 雄一郎
みうら ゆういちろう
講演日 2013/11/07 (木)
プロスキーヤー
クラーク記念国際高等学校 校長

講師略歴

1932年青森市に生まれる。
1964年イタリア・キロメーターランセに日本人として初めて参加。時速172.084キロの当時の
世界新記録樹立。
1966年富士山直滑降。
1970年エベレスト・サウスコル8,000m世界最高地点スキー滑降(ギネス認定)を成し遂げ、
その記録映画 「THE MAN WHO SKIED DOWN EVEREST」はアカデミー賞を受賞。
1985年世界七大陸最高峰のスキー滑降を完全達成。
2003年次男(豪太)とともにエベレスト登頂、当時の世界最高年齢登頂記録(70歳7ヶ月)樹立。
2008年5月、2度目のエベレスト(8848m)登頂 (75歳7ヶ月)。
2013年5月23日、80歳223日で3度目のエベレスト登頂を果たす。〔世界最高年齢登頂記録更新〕

アドベンチャー・スキーヤーとしてだけでなく、行動する知性派また教育者として国際的に活躍中。
記録映画、写真集、著書多数。

賞: 
プロスポーツ大賞殊勲賞、スペイン山岳会名誉会員、アカデミー賞長編記録映画部門、
世界山岳探検会議特別会員、ワシントン州名誉市民、ニューヨーク映画祭ゴールデン
イーグル大賞(南極)、国際探検映画祭・冒険探検特別賞、青森県民名誉賞、北海道功労賞、
内閣総理大臣表彰、フランス政府スポーツ青少年功労賞金賞、青森名誉市民。他

講演内容

「人生はいつも「今から」~80歳エベレスト登頂を終えて~」

2013年5月23日、80歳223日の世界最高齢で地球最高峰、エベレスト(8848メートル)に登頂。
これは人類としての新たな可能性の扉を開け、限界を広げたと感じています。
この高く遠い頂への道は不整脈、骨折、高齢という様々な肉体的ハンディを乗り越えていくも
のでした。
エベレスト登頂で得たもの、素晴らしい仲間達と家族の絆、そして人生において目的を持ち
「夢」を持つことの大切さをお話しいたします。


■ この講演にご関心をお持ちの方へ ― 夕学スタッフからおすすめの3講演 ―
  ・11/19 (火) 長谷部葉子氏 「慶應SFCのビッグママが語る人生論」
  ・11/21 (木) 駒崎弘樹氏 「社会を変えるを仕事にする!~社会起業家という生き方~」
  ・11/26 (火) 宮崎辰氏 「世界一のおもてなし」


主要著書

高血圧、高血糖&不整脈の私でも、エベレストに登れた健康法』マガジンハウス、2013年
 ※『三浦雄一郎流「生きがい」健康術―デブでズボラがエベレストに登れた理由』改題書
高く遠い夢ふたたび』双葉社、2013年
三浦家のDNA』(共著)、実業之日本社(実業之日本社文庫)、2013年
冒険の遺伝子は天頂へ』(共著)、祥伝社、2013年
私はなぜ80歳でエベレストを目指すのか』小学館(小学館101新書)、2013年
歩けば歩くほど人は若返る』小学館、2012年
三浦雄一郎の「歩く技術」』(共著)、講談社、2011年
頂点を目指す者たちへ』(共著)、アチーブメントシュッパン、2010年
わたしが冒険について語るなら』ポプラ社、2010年
三浦雄一郎流「生きがい」健康術―デブでズボラがエベレストに登れた理由』マガジンハウス、
 2008年
75歳のエベレスト』日本経済新聞出版社(日経プレミアシリーズ)、2008年
冒険家-75歳エベレスト挑戦記』実業之日本社、2008年
生きがい。』(共著)、山と渓谷社、2008年
人生のレールは一本ではない』(共著)、太陽企画出版、2007年
人生はいつも「今から」』ロングセラーズ、2006年(2012年・ロング新書)
三浦雄一郎の元気力』小学館、2005年
三浦家のいきいき長生き健康法』(共著)、廣済堂出版、2004年
高く遠い夢-70歳エベレスト登頂記』双葉社、2003年
エベレストを滑った男』筑摩書房(ちくまプリマーブックス)、1988年
50歳はスタートだ-南極最高峰への挑戦』山と渓谷社、1985年