夕学五十講

講師紹介

萱野 稔人
かやの としひと
講演日 2013/07/16 (火)
津田塾大学学芸学部国際関係学科 准教授

講師略歴

1970年愛知県生まれ。
1994年早稲田大学卒業。
1995年に渡仏し、2003年パリ第十大学大学院哲学科博士課程修了。哲学博士。
東京大学大学院の国際哲学交流センター研究員を経て
現在、津田塾大学国際関係学科准教授。

講演内容

「縮小社会の文明論」

少子高齢化にともなう生産年齢人口の減少によって、日本はいま本格的な縮小社会に突
入しつつあります。拡大再生産を本質とする資本主義社会にとって、この縮小社会の現実
はとても大きな困難を突きつけます。果たして日本社会はこの現実を乗り切ることができる
でしょうか。この講演では、縮小の時代とはどのような時代なのかを文明史的に位置づけ
ながら、日本が縮小社会を乗り切るために取り組むべき課題について考察します。

■ この講演にご関心をお持ちの方へ ― 夕学スタッフからおすすめの3講演 ―
  
・4/9(火) 手嶋龍一氏 「インテリジェンスで読み解くアジア半球」
  ・4/16(火) 山崎元氏 「アベノミクス第二幕を読む」
  ・4/24(水) 橘玲氏 「日本国破産」の資産運用戦略」


主要著書

国家とはなにか』以文社、2005年
カネと暴力の系譜学』河出書房新社、2006年
権力の読みかた』青土社、2007年
「生きづらさ」について』(共著)、光文社(光文社新書)、2008年
金融危機の資本論』(共著)、青土社、2008年
暴力はいけないことだと誰もがいうけれど』河出書房新社、2010年
超マクロ展望 世界経済の真実』(共著)、集英社(集英社新書)、2010年
最新日本言論知図』(編著)、東京書籍、2011年
新・現代思想講義 ナショナリズムは悪なのか』NHK出版(NHK出版新書)、2011年
没落する文明』(共著)、集英社(集英社新書)、2012年
ベーシックインカムは究極の社会保障か』(編著)、堀之内出版、2012年


推薦図書

超マクロ展望 世界経済の真実』萱野稔人(共著)、集英社(集英社新書)、2010年
没落する文明』萱野稔人(共著)、集英社(集英社新書)、2012年