夕学五十講

講師紹介

蓮池 薫
はすいけ かおる
講演日 2013/05/31 (金)
新潟産業大学経済学部 准教授

講師略歴

1957年新潟県生まれ。
中央大学法学部3年在学中の1978年に拉致され、24年間北朝鮮での生活を余儀なく
される。
現在、新潟産業大学で准教授として韓国語などを教える。

2005年4月に中大法学部に復学し、2008年3月に卒業。
2005年から韓国語本の翻訳を始め、歴史小説『孤将』、『母よ』、『私たちの幸せな時間』、
詩『ハル 哲学する犬』、『君のそばにいても僕は君が恋しい』、
ノンフィクション『走れ、ヒョンジン!』、『トガニ』など20冊を出版。
著書としては、『蓮池流韓国語入門』、『私が見た「韓国歴史ドラマ」の舞台と今』、
『半島へ、ふたたび』、『拉致と決断』。

『半島へ、ふたたび』では2009年10月新潮ドキュメント賞を受賞。
趣味はスキー、ドライブなど。

講演内容

「拉致と決断~最悪を考えるときと最良を考えるとき~」

北朝鮮に拉致されて数カ月、私が最初に決断したことは、無駄な逃亡を考えず、降り
かかった運命にこの身をゆだねようということであり、家族ができてからは、常に最悪
の場合を想定し、それを回避するにはどうしたらいいかだけを考えた。アメリカとの戦
争が近いと感じたときは、戦争や廃墟を想定し、そのなかで家族の絆をつなぐことだけ
を考えた。しかし、北朝鮮から一時帰国した時の決断は、葛藤の末ながらも、家族に
とって最良の状況を選択したものであり、その実現を信じて疑わなかった。


■ この講演にご関心をお持ちの方へ ― 夕学スタッフからおすすめの3講演 ―
  
・4/9(火) 手嶋龍一氏 「インテリジェンスで読み解くアジア半球」
  ・6/11(火) 国分良成氏 「中国は、いま」
  ・7/2(火) 金子啓明氏 「仏像、祈りの心~古代の人々がこめた思惟の世界~」


主要著書

【著書】
拉致と決断』新潮社、2012年
夢うばわれても 拉致と人生』PHP研究所、2011年
半島へ、ふたたび』新潮社、2009年(2012年・新潮文庫)
私が見た「韓国歴史ドラマ」の舞台と今』講談社、2009年
蓮池流韓国語入門』文藝春秋(文春新書)、2008年

【翻訳】
トガニ』孔枝泳(著)、新潮社、2012年
楽しい私の家』孔枝泳(著)、新潮社、2010年
悲しみよりもっと悲しい物語』ウォン・テヨン(著)、金の星社、2010年
オモニ ホームレスから大統領へ』李明博(著)、講談社、2008年
韓国最強企業サムスンの22の成功習慣』チョン・オクピョウ(著)、阪急コミュニケーションズ、
 2008年
私たちの幸せな時間』(コミック)、孔枝泳(著)、佐原ミズ(イラスト)、新潮社、2008年
もうひとり夫が欲しい』パク・ヒョンウク(著)、新潮社、2008年
ハル2哲学する犬からの伝言』クォン・デウォン(著)、ポプラ社、2007年
私たちの幸せな時間』孔枝泳(著)、新潮社、2007年
君がそばにいても僕は君が恋しい』リュ・シファ(著)、集英社、2006年
韓流熱風』ユ・サンチョル、チョン・ヒョンモク、チョン・ガンヒョン、アン・ヘリ、
 キム・ジュンスル(共著)、 朝日新聞出版、2006年
2015年のサムスン』ソン・ファヨン(著)、光文社、2006年
母よ ヘギョンの愛した家族』キム・ジョンヒョン(著)、ワニブックス、2006年
ハル哲学する犬』クォン・デウォン(著)、ポプラ社、2006年
冬ソナと蝶ファンタジー 韓国から見た日本の韓流ブーム』咸翰姫・許仁順(著)、光文社、
 2006年
成功への道 お金持ちになる「心得71」』ハン・チャンウク(著)、産経新聞出版、2005年
走れ、ヒョンジン!』朴美景(著)、ランダムハウス/講談社、2005年
孤将』金薫(著)、新潮社、2005年(2008年・新潮文庫)


推薦図書

拉致と決断』蓮池薫著、新潮社、2012年