夕学五十講

講師紹介

坂野 潤治
ばんの じゅんじ
講演日 2012/12/11 (火)
東京大学名誉教授

講師略歴

1937年神奈川県生まれ。
東京大学文学部国史学科卒業。
同大学院人文科学研究科博士課程中退。
東京大学社会科学研究所教授、千葉大学法経学部教授を経て、東京大学名誉教授。

1997年『近代日本の国家構想』で吉野作造賞を受賞。
2009年『日本憲政史』で角川源義賞を受賞。

講演内容

「『日本近代史』(ちくま新書)刊行後に考えたこと」

拙著『日本近代史』(ちくま新書、2012年)を概観しつつ、現在研究中である1825年~1867年
の幕末政治史を中心にお話ししたい。


■ この講演にご関心をお持ちの方へ ― 夕学スタッフからおすすめの4講演 ―
  ・11/6(火) 金原亭馬生氏 「落語に学ぶ江戸の粋」
  ・11/14(水) 池上英洋氏 「ルネサンスとは何であったのか」
  ・12/13(木) 船橋洋一氏 「世界はどう変わるのか(仮題)」
  ・1/25(金) 與那覇潤氏 「中国化する未来?~東アジア・モデルの希望と呪い~」


主要著書

明治憲法体制の確立 富国強兵と民力休養』東京大学出版会、1971年
『明治・思想の実像』創文社(叢書身体の思想 8)、1977年
大正政変 1900年体制の崩壊』ミネルヴァ書房(歴史と日本人 5)、1982年
 (1994年・Minerva21世紀ライブラリー 10)
 (2010年・ちくま学芸文庫『明治国家の終焉 1900年体制の崩壊』※加筆・訂正・改題書)
近代日本の外交と政治』研文出版、1985年
近代日本の出発』(永原慶二ほか編)、小学館(大系日本の歴史 13)、1989年
 (1993年・小学館ライブラリー)(2010年・新人物文庫)
近代日本の国家構想 1871-1936』岩波書店、1996年(2009年・岩波現代文庫)
日本政治「失敗」の研究 中途半端好みの国民の行方』光芒社、2001年
 (2010年・講談社学術文庫)
昭和史の決定的瞬間』筑摩書房(ちくま新書)、2004年
明治デモクラシー』岩波書店(岩波新書)、2005年
近代日本政治史』岩波書店(岩波テキストブックス)、2006年
未完の明治維新』筑摩書房(ちくま新書)、2007年
日本憲政史』東京大学出版会、2008年
日本近代史』筑摩書房(ちくま新書)、2012年


推薦図書

日本近代史』坂野潤治著、筑摩書房(ちくま新書)、2012年