夕学五十講

講師紹介

北川 智子
きたがわ ともこ
講演日 2012/10/24 (水)
ケンブリッジ ニーダム研究所 客員研究員
前ハーバード大学レクチャラー

講師略歴

1980年福岡県生まれ。
カナダのブリティッシュ・コロンビア大学で数学と生命科学を専攻、同大学院でアジア研究
の修士課程を修了。
プリンストン大学で博士号を取得後、2009年から3年間ハーバード大学で日本史のクラス
「Lady Samurai」と「Kyoto」を教える。
3年連続ティーチングアワード受賞。2012年度「思い出に残る教授」に選出される。
現在はイギリスのケンブリッジにあるニーダム研究所を活動の拠点とし、数学史を研究して
いる。

講演内容

「世界に発信する日本史とは(『ハーバード白熱日本史教室』より)」

ハーバード大学で教えた日本史のクラス「Lady Samurai」と「Kyoto」のアクティブ・ラーニング
の実践例から、歴史を学ぶ様々な方法を紹介し、世界で日本の歴史を語る視点と意義に
ついて考える。また、グループ・ディスカッションも講演中に試行する「体験型」の授業となる。


■ この講演にご関心をお持ちの方へ ― 夕学スタッフからおすすめの3講演 ―
  ・11/14(水) 池上英洋氏 「ルネサンスとは何であったのか」
  ・11/28(水) 為末大氏 「侍ハードラーの挑戦・第二幕(仮題)」
  ・1/25(金) 與那覇潤氏 「中国化する未来?~東アジア・モデルの希望と呪い~」


主要著書

ハーバード白熱日本史教室』新潮社(新潮新書)、2012年