夕学五十講

講師紹介

高橋 俊介
たかはし しゅんすけ
講演日 2012/10/18 (木)
慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任教授

講師略歴

1954年東京生まれ。
1978年東京大学工学部航空学科を卒業し日本国有鉄道に入社。
1984年米国プリンストン大学工学部修士課程を終了し、マッキンゼーアンドカンパニ-
に入社。東京オフィスのコンサルタントとして、顧客の大手日本企業の事業戦略策定や
組織設計に従事。
1989年に世界有数の人事組織コンサルティング会社である米国のワイアットカンパニー
の日本法人ワイアット株式会社(現タワーズワトソン株式会社)に入社。
1993年に同社代表取締役社長に就任。主に大手日本企業、ベンチャー企業や外資系
企業の人材ビジョンの策定、成果主義人事制度や自由と自己責任に基づく人材育成施
策の企画、導入に携わる。
1997年7月社長を退任、個人事務所を通じて、コンサルティング活動や講演活動を行う。
2000年5月慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授に就任。
2011年9月より現職。
個人主導のキャリア開発や組織の人材育成の研究・コンサルティングに従事。

講演内容

「想定外変化の時代のキャリアと人材育成」

21世紀のキャリア形成の環境は、想定外変化と専門性の細分化深化の同時進行です。
このような環境でのキーワードは、目標より習慣、普遍性の高い学習、明確でバランスある
仕事観です。6000人のアンケート調査や100人以上のインタビュー調査の結果も交えて、
そのような環境で自ら満足度の高いキャリアを切り開く方法論や、企業の人材育成のあり方
を考えます。


■ この講演にご関心をお持ちの方へ ― 夕学スタッフからおすすめの3講演 ―
  ・11/13(火) 西川善文氏 「ラストバンカーが語るリーダーシップ」
  ・11/20(火) 前野隆司氏 「思考脳力とイノベーションのデザイン」
  ・1/15(火) 佐々木毅氏 「大人が学ぶということ」


主要著書

人材マネジメント革命』プレジデント社、1994年
自由と自己責任のマネジメント』ダイヤモンド社、1995年
知的資本のマネジメント』ダイヤモンド社、1998年
キャリアショック』東洋経済新報社、2000年(2006年・SB文庫)
組織改革』東洋経済新報社、2001年
キャリア論』東洋経済新報社、2003年
組織マネジメントのプロフェッショナル』ダイヤモンド社、2004年
部下を動かす人事戦略』(共著)、PHP研究所(PHP新書)、2004年
人が育つ会社をつくる』日本経済新聞出版社、2006年
人材マネジメント論(新版)』東洋経済新報社、2006年
キャリアをつくる9つの習慣』プレジデント社(ピンポイント選書)、2008年
自分らしいキャリアのつくり方』PHP研究所(PHP新書)、2009年
プロフェッショナルの働き方』PHP研究所(PHPビジネス新書)、2012年
21世紀のキャリア論』東洋経済新報社、2012年
人が育つ会社をつくる 新版』日本経済新聞出版社、2012年