夕学五十講

講師紹介

内田 樹
うちだ たつる
講演日 2012/04/17 (火)
神戸女学院大学 名誉教授
凱風館 館長

講師略歴

1950年  東京生まれ
1975年  東京大学文学部仏文科卒業
1982年  東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程中退
1982年  東京都立大学人文学部助手
1990年  神戸女学院大学文学部総合文化学科助教授、1996年より教授
2011年  定年退職
同年    神戸市東灘区に武道と哲学研究のための学塾凱風館を開設

専門はフランス現代思想、武道論、教育論、映画論など。

『私家版・ユダヤ文化論』(文春新書・2006年)で第六回小林秀雄賞、『日本辺境論』(新潮新書・
2009年)で2010年度新書大賞、文筆活動全般について2011年に第三回伊丹十三賞を受賞。

神戸女学院大学名誉教授、凱風館館長、多田塾甲南合気会師範、神戸女学院大学合気道部
および杖道会師範、昭和大学理事、日本ユダヤ学会理事、合気道兵庫県連盟理事、
合気道七段。


講演内容

「混沌に立ち向かうということ」

2012年は「スーパーイヤー」である。アメリカ、ロシア、フランスの大統領選挙があり、中国で
首脳陣の交代がある。EUは危機的状況だし、西アジア情勢も安定していない。日本でも政界
再編の動乱の中で国政選挙が行われる可能性が高い。未来はまさに「霧の中」である。
とりあえず、私たちに出来るのは、「ある程度予測できること」を取り出し、危機に備えて、リス
クを最小化することだけである。


■ この講演にご関心をお持ちの方へ ― 夕学スタッフからおすすめの4講演 ―
  ・5/14(月) 釈徹宗氏 「日本人と仏教~日常に潜む仏教文化~」
  ・6/8(金) 
成毛眞氏 「現代の常識を疑う」
  ・6/12(火) 
ちきりん氏 「自分のアタマで考えよう~知識の時代から思考の時代へ~」
  ・7/6(金) 本郷和人氏
 「天皇制の本質~文献史学より~」


主要著書

ためらいの倫理学』冬弓舎、2001年(2003年・角川文庫)
寝ながら学べる構造主義』文藝春秋(文春新書)、2002年
レヴィナスと愛の現象学』せりか書房、2001年(2011年・文春文庫)
他者と死者』海鳥社、2004年(2011年・文春文庫)
映画の構造分析』晶文社、2003年(2011年・文春文庫)
死と身体』医学書院、2004年
先生はえらい』筑摩書房(ちくまプリマ-新書)、2005年
私家版・ユダヤ文化論』文藝春秋(文春新書)、2006年
下流志向』講談社、2007年(2009年・講談社文庫) 
日本辺境論』新潮社(新潮新書)、2009年 ほか。