夕学五十講

講師紹介

杉山 愛
すぎやま あい
講演日 2010/12/07 (火)
プロ テニスプレーヤー

講師略歴

1975年 神奈川県生まれ

4歳でラケットを握り、15歳で日本人初の世界ジュニアランキング1位に輝く。
17歳でプロに転向し、34歳まで17年間のプロツアーを転戦。
グランドスラムでは女子ダブルスで3度の優勝(2000年全米オープン/2003年全仏オープン/
2003年ウィンブルドン)と、混合ダブルスでも優勝(2000年全米オープン)を経験し、グランド
スラムのシングルス連続出場62回の世界記録を樹立。
オリンピックには4回連続(アトランタ、シドニー、アテネ、北京)出場。

WTAツアー最高世界ランク シングルス8位 ダブルス1位
国際公式戦勝利数 シングルス492勝 ダブルス566勝
WTAツアー シングルス優勝回数6回 ダブルス優勝回数38回
公式戦通算試合数 1772試合(シングルスとダブルス)

2009年10月、東レパンパシフィックオープンを最後に現役を引退。
2010年、第1回ユースオリンピックでは日本人で唯一「アスリートロールモデル」に就任し、
世界中の若い選手に指導的役割を果たす。
情報番組のゲストコメンテイター、グランドスラムのスペシャルコメンテイター&解説、クリ
ニークのCBO(チーフ・ビューティー・オフィサー)就任など多方面で活躍。


講演内容

「世界で戦うということ」

15歳で世界ジュニアランキング1位。17歳でプロ転向。
シングルス492勝(優勝6回)、ダブルス566勝(優勝38回)、グランドスラムのダブルス優勝
4回(女子3回、混合1回)。オリンピック出場4回。グランドスラム62回連続出場の世界記録
達成。
世界一の連続出場記録をもつ「鉄人」の継続の秘訣。一年のうち250日を海外のワールドツアー
で過ごすこと20年あまりの「国際人」としてのコミュニケーション能力に支えられたアウェーを
ホームに変える方法。ダブルス世界1位の「女王」が歩んだ勝負の極意とプロの世界。どん底
から復活を果たした母と歩んだ最後の9年、トップアスリートを育てた教育と親子関係などを披
露します。


■夕学スタッフからのおすすめ
この講演にご関心をお持ちの方へ 【思考を深める3講演】
 ・10/5(火)清水 宏保 「限界に挑み続けて」
 ・12/9(木)河合 薫 「“生きる力”を高めるリーダー術~手放したくない部下の育て方~」
 ・1/21(金)田渕 久美子 「力強くたおやかに生きる~篤姫とお江~」


主要著書

コラボレーション 母と娘の世界挑戦』(共著)、集英社、2004年


推薦図書

コラボレーション 母と娘の世界挑戦』杉山芙紗子、杉山愛(共著)、集英社、2004年
※テニス界で世界の頂点をめざす母と娘の戦い。17歳でプロに転向して以来、常に世界の
  第一線で活躍してきた杉山愛。 過酷なツアーの中で人間的にも技術的にもその進化を
  サポートしてきたのが母・芙沙子だった。二人がつづる信頼と努力の軌跡。