夕学五十講

講師紹介

加賀美 幸子
かがみ さちこ
講演日 2008/11/19 (水)
アナウンサー(元NHK)、千葉市女性センター名誉館長

講師略歴

1940年     生まれ
1963年     NHKにアナウンサーとして入局
1997年     理事待遇に(女性初)
2000年6月   NHKを定年退職
同年7月     千葉市女性センター初代館長に就任
2004年     名誉館長に就任、現在に至る

<主な担当番組>
「夜7時のテレビニュース」「バラエティー・テレビファソラシド」「大河ドラマ・峠の群像」
「日曜美術館」「小さな旅」「土曜ほっとモーニング」「明日の福祉」「くらしの一分メモ」
「BS吟行俳句会」「古典への招待」「古典講読」「ラジオ深夜便」
昨年は二度目の大河ドラマ「風林火山」など、ニュースから古典まで、様々な番組を担当

<現在>
「NHKアーカイブス(2000 年から2008年3月まで)」
「古典講読~源氏物語・撰(2008年4月から)」「10min.ボックス国語」「MOTTAINAI(もったいない」
「全国短歌大会(NHKホール)」「BS列島縦・断俳句スペシャル」「同・短歌スペシャル」
「あの人からのメッセージ」その他を担当

<個人受賞歴>
「NHK会長表彰」
「ダイヤモンドレディー賞」
「前島賞」(前島密に因む賞)
「徳川夢声市民賞」など受賞

<所属団体等>
日本文藝家協会、放送人の会幹事、他にも審議会委員など歴任

講演内容

「源氏物語の世界」

「源氏物語」は日本の宝といっても読まなければ宝にはなりません。ストーリーを知るには現代語訳も便利
ですが、原文を声に出して読むと、その言葉の響きと心がひとしお胸に迫り伝わります。光源氏の魅力は
その姿・容貌(かたち)に加え、豊かな教養と相手への誠意…そしてそれを伝える「こころを動かす言葉」
です。 登場人物は約500人。主要人物だけでも約50人。どこかに自分や周りの人が重なり、読めば読む
ほど面白い源氏物語です。


主要著書

源氏絵物語-本物の絵と声で楽しむ日本の古典』(共著)、ソフトバンククリエイティブ、2008年
生き方の鍵を見つける』東京書籍、2003年
読み聞かせる戦争』(共著)、光文社、2002年
ことばを磨く18の対話』日本放送出版協会、2002年
こころを動かす言葉』海竜社、2000年(2006年・幻冬舎文庫)
 ※所収の「石の声が聞こえる」は、高校国語教科書(東京書籍、新編国語総合)に採用されている
ことばの心に耳を澄ませば』青春出版社(青春文庫)、1997年 ※『心にちょっと深呼吸』(青春出版社、
 1993年)の文庫版
やわらか色の烈風』筑摩書房、1986年(1989年・ちくま文庫) 他