夕学五十講

講師紹介

姜 尚中
かん さんじゅん
講演日 2008/10/20 (月)
東京大学大学院情報学環・学際情報学府 教授

講師略歴

1950年   熊本県熊本市生まれ
1974年   早稲田大学政治経済学部政治学科卒業
1979年   早稲田大学大学院政治学研究科博士課程修了
        ドイツ エアランゲン大学に留学の後、国際基督教大学準教授などを経て
1996年   東京大学社会情報研究所助教授
1998年   東京大学社会情報研究所教授
2004年   (組織統合に伴い)東京大学大学院情報学環教授

キーワード
アジア地域主義 ナショナリズム コミュニケーション

写真 ©栗原克己

講演内容

「漱石に学ぶ“悩む”力」


主要著書

マックス・ウェーバーと近代』御茶の水書房、1986年(2003年・岩波現代文庫)
アジアから日本を問う』岩波書店(岩波ブックレット)、1994年
ふたつの戦後と日本』三一書房、1995年
オリエンタリズムの彼方へ』岩波書店、1996年(2004年・岩波現代文庫)
東北アジア共同の家をめざして』平凡社、2001年
ナショナリズム』岩波書店、2001年
日朝関係の克服』集英社、2003年
反ナショナリズム』教育史料出版会、2003年(2005年・講談社+α文庫)
「日米関係」からの自立』藤原書店、2003年
在日』講談社、2004年(2008年・集英社文庫)
在日ふたつの「祖国」への思い』講談社、2005年
姜尚中の政治学入門』集英社、2006年
愛国の作法』朝日新聞出版、2006年
日本人はどこへ行くのか』大和書房、2007年
ニッポン・サバイバル』集英社、2007年
戦後日本は戦争をしてきた』(共著)、角川書店、2007年
姜尚中の青春読書ノート』朝日新聞出版、2008年
悩む力』集英社、2008年