夕学五十講

講師紹介

高橋 洋一
たかはし よういち
講演日 2008/10/17 (金)
東洋大学経済学部 教授

講師略歴

1955年     東京都生まれ
          東京大学理学部数学科、東京大学経済学部経済学科卒業
1980年     大蔵省(後の財務省)入省
          大蔵省理財局資金企画室長、プリンストン大学客員研究員、国土交通省国土計画局特別調整
          課長を歴任した後
          小泉内閣において竹中平蔵大臣の補佐官
2006年     安倍内閣において内閣参事官に就任
2008年3月   退官
2008年4月   東洋大学経済学部総合政策学科教授、金融庁顧問

博士(政策研究)

講演内容

「財務省の真実」

財務省は官庁中の官庁である。予算編成権限により政府の経済政策全体に影響力がある。
その財務省は、財政再建に熱心であるといわれているが、大きな政府での財政再建なのか、小さな政府での
財政再建なのか。また、マクロ経済運営との関係で、どのように財政再建を行うのか。大きな予算編成権限を、
財務省一家のために行使したら、税金の無駄使いにつながるのではないか。
はたして、財務省は、国民が納得するような財政運営ができるのだろうか。
これらの素朴な疑問に答えたい。


主要著書

霞が関埋蔵金男が明かす「お国の経済」』文藝春秋(文春新書)、2008年
さらば財務省!-官僚すべてを敵にした男の告白』講談社、2008年
財投改革の経済学』東洋経済新報社、2007年
ケース・スタディ金融機関の債権償却(新版)』金融財政事情研究会、1994年


推薦図書

霞が関埋蔵金男が明かす「お国の経済」』高橋洋一著、文藝春秋(文春新書)、2008年
さらば財務省!-官僚すべてを敵にした男の告白』高橋洋一著、講談社、2008年
財投改革の経済学』高橋洋一著、東洋経済新報社、2007年