夕学五十講

講師紹介

御立 尚資
みたち たかし
講演日 2009/10/16 (金)
ボストンコンサルティンググループ 日本代表

講師略歴

兵庫県出身
京都大学文学部卒、ハーバード大学経営学修士、日本航空(株)を経て
1993年ボストン コンサルティング グループ(BCG)入社
2005年日本代表就任

2006年、BCGグローバル全体の経営判断を行う最高意思決定機関であるBCG Worldwide Executive Committee
(経営会議)メンバーに日本人として初めて選任された。

事業戦略、グループ経営、M&Aなどの戦略策定及び実行支援、経営人材育成、組織能力向上等のプロジェクト
を数多く手掛けている。

講演内容

「変化の時代と戦略ルネサンス」

金融危機に端を発する景気悪化の大波にもまれ、多くの企業が生き残りに向けた懸命の努力を続けています。
しかし、この「波」に目を奪われていると、もっと大きな「潮の変わり目」を見逃し、本質的な変化への対応を誤る
ことになりかねません。
サステナビリティ、情報の経済性変革、人口変動、その他、社会・経済・経営を考える上での、大前提に変化が
起こっています。
今回は、この「潮の変わり目」と、それへの対応としての「ビジネスモデル」の再構築、すなわち「戦略ルネサンス」
について考えていきたいと思います。

参考図書: 『経営思考の「補助線」


主要著書

経営思考の「補助線」 変化の時代とイノベーション』日本経済新聞出版社、2009年
使う力 知識とスキルを結果につなげる』PHP研究所(PHPビジネス新書)、2006年
戦略「脳」を鍛える BCG流戦略発想の技術』東洋経済新報社、2003年