夕学五十講

講師紹介

小黒 一三
おぐろ かずみ
講演日 2009/10/05 (月)
月刊ソトコト 編集長

講師略歴

1950年東京生まれ
1975年慶應義塾大学法学部卒業
同年、株式会社平凡出版社(現・株式会社マガジンハウス)入社
マガジンハウスで、雑誌「ブルータス」「クロワッサン」「ガリバー」などの編集を担当
1990年同社を退職し、(株)トド・プレス設立

1992年、ケニアのマサイマラ国立保護区にリゾートホテル「ムパタ・サファリ・クラブ」を開設。
1995年には日本相撲協会創立70周年記念の出版物「大相撲」を写真家の篠山紀信氏とともに制作。
その後も、「中田語録」の編集、「スガシカオ1095」の出版など数多くのプロジェクトに関与。
1999年、世界的に見ても類のない環境ライフスタイルマガジン「ソトコト」を発刊。

スローフード、スローライフ、ロハスなどのライフスタイルをいち早く日本に紹介し、雑誌等のメディアを通じて、
新たな価値観の提案をしている。

講演内容

「ロハス~日本人の「いま」と「これから」を考えるキーワード、それは動的平衡~」

ロハスを意訳すると「懐かしい未来」。
いまや、世界に類を見ないほど巨大化した高層ビルディング都市TOKYO。
輝ける21世紀を迎えたはずなのに、あるレベルの日本人の心に去来するむなしさは何故なのだろうか。
欧米並みに背伸びすることで、失ったものは、どれほど大切なモノだったのだろうか。私が心惹かれる
アフリカの人々の暮らしに、その回答が全てあった。


推薦図書

● 『動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか』福岡伸一著、木楽舍、2009年
● 『世界は分けてもわからない』福岡伸一著、講談社(講談社現代新書)、2009年
● 『ロハスの思考』福岡伸一著、木楽舎(ソトコト新書)、2006年
● 『エレファントム』福岡伸一訳(ライアル・ワトソン著)、木楽舍、2009年