夕学五十講

講師紹介

なかにし 礼
なかにし れい
講演日 2009/07/13 (月)
作家

講師略歴

1938年   中国黒龍江省牡丹江市(旧満州)生まれ
        立教大学文学部仏文科卒
        大学在学中よりシャンソンの訳詩を手がけ
1964年   『知りたくないの』のヒットを機に作詩家となる

ヒットメーカーとして活躍を続け『今日でお別れ』『石狩挽歌』『時には娼婦のように』『北酒場』など約4000曲
の作品を創る
『天使の誘惑』ほかで日本レコード大賞を3回、同作詞賞を2回、またゴールデンアロー賞など受賞歴多数

その後作家活動を開始、1998年に『兄弟』を発表
次作の『長崎ぶらぶら節』で2000年1月第122回直木賞を受賞
満州からの引き揚げ体験を描いた『赤い月』は100万部に迫るロングセラーとなり、その後『てるてる坊主の
照子さん』、『夜盗』、『さくら伝説』、『黄昏に歌え』、『戦場のニーナ』と次々に話題作を出版
本年1月1日より、産経新聞に連載小説「世界は俺が回してる」を執筆中

一方、舞台作品の台本・演出も手がけ、演劇・舞踏・オペラを融合した「世界劇」という新しい上演形式は高い
評価を受けている

講演内容

「人生を変える出会い」

生まれ故郷の満州から引き揚げ、苦労の連続の中、シャンソンと出会うことにより訳詞家となり、石原裕次郎
との出会いから作詞家になり、ゴーギャンの絵と出会ったことで作家となった私の文筆生活50年を振り返り、
人生を変える出会いについて語ります。


主要著書

翔べ、わが想いよ』東京新聞出版局、1989年(1991年・文春文庫)
兄弟』文芸春秋、1998年(2004年・新潮文庫)
長崎ぶらぶら節』文芸春秋、1999年(2003年・新潮文庫)
赤い月』新潮社、2001年(2003年・新潮文庫)
天上の音楽、大地の歌』音楽之友社、2001年
てるてる坊主の照子さん』新潮社、2002年(2003年・新潮文庫)
道化師の楽屋』河出書房新社、2002年
夜盗』新潮社、2003年(2005年・角川文庫)
さくら伝説』新潮社、2004年(2006年・新潮文庫)
黄昏に歌え』朝日新聞社、2005年(2006年・幻冬舎文庫)
戯曲 赤い月』河出書房新社、2005年
戦場のニーナ』講談社、2007年
三拍子の魔力』毎日新聞社、2008年


推薦図書

赤い月』なかにし礼著、新潮社、2001年(2003年・新潮文庫)