夕学五十講

講師紹介

野口 悠紀雄
のぐち ゆきお
講演日 2008/04/25 (金)
早稲田大学大学院 教授

講師略歴

1940年     東京に生まれる
1963年     東京大学工学部卒業
1964年     大蔵省入省
1972年     エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得
          一橋大学教授、東京大学教授(先端経済工学研究センター長)、スタンフォード大学客員教授
          などを経て
2005年4月~  早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授

専攻 ファイナンス理論、日本経済論


講演内容

「いま本当に必要な経済政策 資本開国論」

1.日本の株価下落は円安バブルの崩壊
2.90年代に起こった世界経済の大変化
3.21世紀型のグローバリゼーション
4.産業構造の変化


主要著書

情報の経済理論』東洋経済新報社、1974年(日経経済図書文化賞)
財政危機の構造』東洋経済新報社、1980年(サントリー学芸賞)
バブルの経済学』日本経済新聞社、1992年(吉野作造賞)
1940年体制-さらば戦時経済(新版)』東洋経済新報社、2002年
「超」整理法』中公新書、1993年
「超」勉強法』講談社、1995年(2000年・講談社文庫)
「超」発想法』講談社、2000年(2006年・講談社文庫)
「超」英語法』講談社、2004年(2006年・講談社文庫)
ビジネスに活かすファイナンス理論入門』ダイヤモンド社、2004年
日本経済改造論-いかにして未来を切り開くか』東洋経済新報社、2005年
日本経済は本当に復活したのか-根拠なき楽観論を斬る』ダイヤモンド社、2006年
資本開国論-新たなグローバル化時代の経済戦略』ダイヤモンド社、2007年
モノづくり幻想が日本経済をダメにする-変わる世界、変わらない日本』ダイヤモンド社、2007年
野口悠紀雄の「超」経済脳で考える』東洋経済新報社、2007年
戦後日本経済史』新潮社(新潮選書)、2008年


推薦サイト

http://www.noguchi.co.jp/ ( 野口悠紀雄ホームページ )