夕学五十講

講師紹介

長瀬 勝彦
ながせ かつひこ
講演日 2008/07/10 (木)
首都大学東京 大学院社会科学研究科 教授

講師略歴

1961年      岩手県遠野市生まれ
1984年      東京大学経済学部卒業
1991年      東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学
1991年~02年  駒澤大学経営学部専任講師、助教授、教授
2002年      東京都立大学経済学部教授
2005年      公立大学法人首都大学東京の設置に伴い現職へ移籍

東京大学博士(経済学)
専門は意思決定論、経営心理学、ヒューマン・リソース・マネジメント

著書『意思決定のストラテジー』にて組織学会高宮賞、日本経営協会経営科学文献賞受賞
河合塾により大学のベストティーチャーに、早稲田塾によりグッドプロフェッサーに選ばれるなど、分かり
やすく面白い授業には定評がある


講演内容

「働く人のための意思決定論」

意思決定とは物事を決めることであり、複数の選択肢からひとつを選び取ることです。人間の日常生活は
意思決定の連続ですし、ビジネスもまた然りです。経営者をはじめ、ビジネスパーソンは精一杯合理的に
意思決定をしているつもりかもしれません。しかし人間の意思決定は無意識のうちにさまざまなバイアスを
帯びています。この講演では、最新の心理学や脳科学の知見を引きながら、働く人の意思決定について
考えていきます。


主要著書

『意思決定のマネジメント』東洋経済新報社、2008年(8月頃に刊行予定)
賢いあなたがお金で損をしない37の切り札』講談社、2001年
意思決定のストラテジー』中央経済社、1999年 ※組織学会高宮賞受賞、日本経営協会経営科学文献賞受賞
うさぎにもわかる経済学』PHP研究所(PHP文庫)、1999年


推薦図書

『意思決定のマネジメント』長瀬勝彦著、東洋経済新報社、2008年(8月頃に刊行予定)