夕学五十講

講師紹介

重松 清
しげまつ きよし
講演日 2009/12/01 (火)
作家

講師略歴

1963年   岡山県生まれ、早稲田大学教育学部卒業
        出版社勤務を経て、フリーライターに
1991年   『ビフォア・ラン』で作家デビュー
1999年   『ナイフ』で第14回坪田譲治文学賞を受賞
同年     『エイジ』で第12回山本周五郎賞を受賞
2001年   『ビタミンF』で第124回直木賞受賞

ルポルタージュ、時評、評論など小説以外のジャンルでの執筆活動も高い評価を受けている


講演内容

「家族の力」

プレッシャーにもなり拠り所にもなる「家族」の存在は、なにを我々に教えてくれるのか。
戦後の「家族」の変遷から、我々を縛る「家族」の常識について問い直す。
そして、ケータイ時代の「家族」の可能性を探っていきたい。


主要著書

ナイフ』新潮社、1997年(2000年・新潮文庫) ※ドラマ化『キャッチボール日和』・坪田譲治賞受賞
定年ゴジラ』講談社、1998年(2001年・講談社文庫) ※ドラマ化
エイジ』朝日新聞社、1999年(2004年・新潮文庫) ※ドラマ化・山本周五郎賞受賞
カカシの夏休み』文藝春秋、2000年(2003年・文春文庫) ※ドラマ化『ライオン先生』
ビタミンF』新潮社、2000年(2003年・新潮文庫) ※ドラマ化・直木賞受賞
流星ワゴン』講談社、2002年(2005年・講談社文庫) ※舞台化
きよしこ』新潮社、2002年(2005年・新潮文庫)
疾走』角川書店、2003年(2005年・角川文庫) ※映画化
卒業』新潮社、2004年(2006年・新潮文庫) ※映画化『あおげば尊し』
いとしのヒナゴン』文藝春秋、2004年(2007年・文春文庫) ※映画化『ヒナゴン』
その日のまえに』文藝春秋、2005年(2008年・文春文庫) ※映画化
きみの友だち』新潮社、2005年(2008年・新潮文庫) ※映画化
小学五年生』文藝春秋、2007年
カシオペアの丘で』講談社、2007年
くちぶえ番長』新潮社(新潮文庫)、2007年
青い鳥』新潮社、2007年 ※映画化
とんび』角川書店、2008年
希望ヶ丘の人びと』小学館、2009年
ステップ』中央公論新社、2009年
かあちゃん』講談社、2009年