夕学五十講

講師紹介

香山 リカ
かやま りか
講演日 2007/12/10 (月)
精神科医、帝塚山学院大学 教授

講師略歴

1960年   北海道札幌市生まれ
        東京医科大学卒業
現在     帝塚山学院大学人間文化学部人間学科教授

精神科医

学生時代より雑誌等に寄稿、その後も臨床経験を生かして、各メディアで社会批評、文化批評、書評など
幅広く活躍し、現代人の“心の病”について洞察を続けている
専門は精神病理学だが、テレビゲームなどのサブカルチャーにも関心を持つ

北海道新聞(働く女性の胸のうち)、中日新聞(香山リカのハート・ナビ)、中日スポーツ(コラムの時間)、
創(「こころの時代」解体新書)、Forbes(香山リカの目)、Sportiva(スポーツホリック)、オーディション
(スターのココロ)、SFマガジン(SENCE OF REALITY)、Magazine ALC(香山リカの通信講座の心理学、
朝日新聞書評委員


講演内容

「生き延びるために必要な心理学」

「心の時代」と言われて久しいが、ストレスに苦しむ人、うつ病になって会社を休む人は増える一方である。
心理学や精神医学が知られるようになったとはいえ、本当の意味で役立つ知識はまだ広まっていないので
はないだろうか。臨床の現場から考える。


主要著書

テレビの罠』筑摩書房(ちくま新書)、2006年
チルドレンな日本』(共著)、七つ森書館、2006年
老後がこわい』講談社(講談社現代新書)、2006年
40歳からの心理学』海竜社、2006年
スピリチュアルにハマる人、ハマらない人』幻冬舎(幻冬舎新書)、2006年
仕事中だけ≪うつ病≫になる人たち』講談社、
しらずに他人を傷つける人たち』ベストセラーズ、2007年
頭がよくなる立体思考法』ミシマ社/WAVE出版、2007年
「悩み」の正体』岩波書店(岩波新書)、2007年
なぜ日本人は劣化したか』講談社(講談社現代新書)、2007年