夕学五十講

講師紹介

市川 亀治郎
いちかわ かめじろう
講演日 2007/12/07 (金)
歌舞伎俳優

講師略歴

1975年   生まれ、市川段四郎の長男
1980年   『義経千本桜』で初お目見得
1983年   『御目見得太功記』で二代目市川亀治郎を名のり初舞台

多種多様な役柄に挑む若手花形きっての実力派
歌舞伎座での活躍以外にも、「新春浅草花形歌舞伎」や、自主公演「亀治郎の会」における意欲的な
舞台で高い評価を得る

2005年に『NINAGAWA十二夜』蜷川幸雄演出、2006年に『決闘!高田馬場』三谷幸喜脚本・演出と、
話題作に立て続けに出演
2006年ロンドン公演、市川海老蔵と共演の『かさね』でローレンス・オリビエ賞にノミネートされ、2007年
3月パリ・オペラ座公演と海外公演でも重要な役どころを勤めている
現在NHK大河ドラマ『風林火山』に武田信玄役で出演中

2002年 松尾芸能賞新人賞
2006年 浅草芸能大賞奨励賞、朝日舞台芸術賞寺山修司賞


講演内容

「これからの生き方」

混迷の時を経て、いよいよ変革期を迎えようとしている現在。世の中の仕組み、これからの生き方を、
歌舞伎俳優としての経験を通してお話しいたします。また、大河ドラマ「風林火山」で演じる武田信玄の
思想にも迫りたいと思います。


主要著書

神仏のまねき―梅原猛「神と仏」対論集(第3巻)』(共著)、角川書店、2006年


推薦サイト

http://www.kamejiro.info/
(市川亀治郎オフィシャルサイト)