夕学五十講

講師紹介

谷川 俊太郎
たにかわ しゅんたろう
講演日 2009/05/07 (木)
詩人

講師略歴

詩人

1931年    東京生まれ
1952年    『文学界』に詩を発表して注目を集め、処女詩集『二十億光年の孤独』を刊行
         みずみずしい感性が高い評価を得る
         以降文筆業を生業として今日に至る

1962年  「月火水木金土日の歌」でレコード大賞作詞賞受賞
1975年  『マザー・グースのうた』で日本語翻訳文化賞受賞
1983年  『日々の地図』で読売文学賞受賞
1993年  『世間知ラズ』で萩原朔太郎賞受賞
1996年  現代詩を始め児童文学、言葉遊びなど幅広い分野での創作活動に対して朝日賞受賞

その他、国際詩祭への参加、米国をはじめ他国への朗読旅行、ドイツ等で連詩制作に参加詩作を
中心にラジオドラマの執筆、戯曲、映画脚本等、幅広い活躍を続ける

写真 ©菊池一郎

講演内容

「言葉の力」

自作朗読をまじえて、覚和歌子さんと気楽に詩について語り合いたいと思います。参加者からの
質問を歓迎します。


主要著書

詩集
ことばあそびうた』福音館書店、1973年
定義』思潮社、1975年
みみをすます』福音館書店、1982年
日々の地図』集英社、1982年
よしなしうた』青土社、1985年
世間知ラズ』思潮社、1993年
モーツァルトを聴く人』小学館、1995年
』思潮社、2007年

絵本
けんはへっちゃら』あかね書房、1982年
こっぷ』福音館書店、1982年(2008年復刊)
『わたし』福音館書店、1992年

翻訳
『マザー・グースのうた』草思社講談社
『ピーナッツ』鶴書房、角川書店

その他多数


推薦図書

詩ってなんだろう』谷川俊太郎著、筑摩書房、2001年(2007年・ちくま文庫)