夕学五十講

講師紹介

高橋 俊介
_
講演日 2001/07/05 (木)
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授

講師略歴

1978年東京大学工学部航空学科を卒業し日本国有鉄道に入社。
1984年米国プリンストン大学工学部修士課程を終了し、マッキンゼーアンドカンパニーに入社。 東京オフィスのコンサルタントとして、顧客の大手日本企業の事業戦略策定や組織設計に従事。
1989年世界有数の人事組織コンサルティング会社である米国のワイアットカンパニーの日本法人 ワイアット株式会社(現ワトソンワイアット株式会社)に入社。
1993年同社代表取締役社長に就任。
主に大手日本企業、ベンチャー企業や外資系企業の人材 マネージメントビジョンの策定、成果主義人事制度や自由と自己責任に基づく人材育成施策の企画、導入に携わる。
1997年7月社長を退任、個人事務所ピープル ファクター コンサルティングを通じて、 コンサルティング活動や講演活動を行なう一方、慶応大学ビジネススクール非常勤講師、 ワトソンワイアット株式会社外部取締役などを兼任。
2000年5月慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授に就任。個人事務所による活動に加えて、 個人主導のキャリア開発についての研究に従事。


講演内容

「中間管理職から第一線のリーダーへ」
  • 経営環境の変化、儲かる仕組みの変化と組織の自律性

  • ピラミッド組織から自律組織への変革

  • 中間管理職から第一線のリーダーへの変革

  • 自律組織のリーダーの行動様式


主要著書

  • 「人材マネジメント革命」 プレジデント社、1994年

  • 「自由と自己責任のマネジメント」 ダイヤモンド社、1995年

  • 「自律・変革・創造のマネジメント」 ダイヤモンド社、1996年

  • 「カフェテリアプラン」 日経BP社、1996年

  • 「オトナの会社、コドモの会社」 ダイヤモンド社、1997年

  • 「いらないヤツは一人もいない」 祥伝社、1997年

  • 「知的資本のマネジメント」 ダイヤモンド社、1998年

  • 「人材マネジメント論」 東洋経済新報社、1998年

  • 「成果主義」 東洋経済新報社、1999年

  • 「キャリアショック」 東洋経済新報社、2000年

  • 推薦図書

  • 「人材マネジメント論」高橋俊介、東洋経済新報社、1998年

  • 「キャリアショック」高橋俊介、東洋経済新報社、2000年