夕学五十講

講師紹介

大田弘子
_
講演日 2001/11/07 (水)
政策研究大学院大学教授

講師略歴

1954年鹿児島県生まれ
1976年一橋大学社会学部卒業財団法人生命保険文化センター研究員、大阪大学経済学部客員助教授、埼玉大学助教授を経て
1997年~政策研究大学院大学

税制調査会委員、法制審議会委員、産業構造審議会委員

◆専門分野
財政・経済政策


講演内容

「財政改革の処方箋」

財政改革は単なる収支尻を合わせるためではなく、 日本の持てる資源を最大限に活性化するために 不可欠である。本講では、財政改革をどのような ステップで行うべきかについて、歳出と歳入(税制) の両面から考える。


主要著書

  • 『リスクの経済学―日本経済不確実性への挑戦』東洋経済新報社、1995年

  • 『安全と安心の経済学』 共著、岩波書店、1995年

  • 『経済改革のビジョン 「平岩レポート」を超えて』共著、東洋経済新報社、 1994年

  • 推薦図書

  • 『財政赤字の正しい考え方-政府の借金はなぜ問題なのか』井堀利宏著、東洋経済新報社、2000年

  • 『日本の税制-グローバル時代の「公平」と「活力」』森信茂樹著、PHP新書、2001年

  • 『地方栄えて、日本は破産-税金「つかみどり」と「地方交付税」のカラクリ』村野まさよし著、講談社、1998年