夕学五十講

講師紹介

添谷芳秀
_
講演日 2002/05/09 (木)
慶應義塾大学法学部教授

講師略歴

現職慶應義塾大学法学部教授
独立行政法人経済産業研究所ファカルティーフェロー
防衛施設中央審議会委員
日本国際政治学会理事
アジア政経学会評議員
財団法人平和安全保障研究所理事
米国アジア財団国際評議員
過去の経歴オーストラリア国立大学訪問教授(2001.1)
韓国延世大学訪問教授(2000.10)
21世紀日本の構想懇談会メンバー(1999-00)
米国East-West Center訪問研究員(1993-95)
シンガポール東南アジア研究所訪問研究員(1994.1)
財団法人平和安全保障研究所研究員(1987-88)
上智大学国際関係研究所助手(1984-86)
専攻分野:国際政治学、アジア太平洋の国際関係、日本外交


講演内容

「中国を巡るアジアの国際関係と日本外交」

 本講演では、前半で、中国をめぐる3つの時代潮流(1.米中間の戦略的競争関係、2.中国経済を求心力とする市場経済とジオ・エコノミックスのせめぎ合い、3.多元化・民主化)を概観します。続いて後半において、それぞれのトレンドのなかでの日本の対応について、実態の分析とあるべき姿についての論考を提示したいと思います。


主要著書

  • 『日本外交と中国1945-1972』慶應通信(現慶應義塾大学出版会)、1995年

  • 『冷戦後の国際政治』慶應義塾大学出版会、1998年



  • 『危機管理分析手法に関する調査-台湾危機を事例として』参議院調査室委託研究、2000年

  • 『世紀末からの東南アジア』慶應義塾大学出版会、 2000年

  • 『21世紀国際政治の展望』慶應義塾大学出版会、 1999年


推薦図書

  • 『外交フォーラム 臨時増刊 中国』都市出版株式会社、1997年

  • 『脱冷戦期の中国外交とアジア・太平洋』高木誠一郎編、日本国際問題研究所、2000年