夕学五十講

講師紹介

亀渕 昭信
かめぶち あきのぶ
講演日 2007/06/26 (火)
株式会社ニッポン放送 相談役

講師略歴

1942年    北海道生まれ
1964年    早稲田大学政経学部卒業後
         株式会社ニッポン放送入社、制作部に配属となる
1967年    FM放送勉強のため、アメリカ・サンフランシスコに留学、秋から一年間休職
1969年~   帰国後、「オールナイトニッポン」のディスクジョッキーを担当、「カメ」の愛称で人気を得る
         その後、マイクを離れ編成畑を歩む
1985年    取締役就任
1999年    代表取締役社長に就任
2006年    相談役、現在に至る

社団法人デジタルラジオ推進協会理事長
2004年に藍綬褒章、日本宣伝賞・正力賞受賞

趣味  山歩き、音楽鑑賞、俳句


講演内容

「ラジオのはなし 35年目のリクエスト」

わが国でラジオが放送開始されてすでに80年以上が経過しました。いまやテレビやインターネットの普及で、
一見ラジオは地味なメディアと思われがちですが、今でも多くのリスナーに楽しまれています。テレビよりも
接触率の高い時間がいくつもあります。マスメディアのはずなのに一対一のような擬似コミュニケーションが
生まれるラジオ。そのラジオの不思議な魅力を伝える、そしてまた、人気番組「オールナイトニッポン」に
まつわるエピソードや本の紹介も兼ねた”楽しいラジオの話”です。


主要著書

35年目のリクエスト』白泉社、2006年


推薦図書

35年目のリクエスト』亀渕昭信著、白泉社、2006年
ラジオは脳にきく』板倉徹著、東洋経済新報社、2006年
私説放送史』大山勝美著、講談社、2007年


推薦サイト

http://www.hakusensha.co.jp/kameblog/index.php
(亀渕昭信のオールナイトニッポン 35年目のリクエスト)
*白泉社HPにある期間限定のブログ