夕学五十講

講師紹介

義家 弘介
よしいえ ひろゆき
講演日 2007/05/23 (水)
内閣官房教育再生会議担当室 室長

講師略歴

1971年     長野県長野市に生まれる
          中学生の頃より「不良」と呼ばれるようになる
1987年     高校2年(長野の進学校)の春、暴力事件を起こし、退学処分を受ける
          同時に親から絶縁され、児童相談所を経由して里親の元へ引き取られる、1年間何もしない時期
          を過ごす
1988年     廃校の危機を迎えた北星学園余市高等学校が、全国から中退者を受け入れるという新聞記事を
          きっかけに、傷心の思いをひきずりながら同校の門を叩き編入、恩師 安達先生と出逢う
1990年     明治学院大学法学部入学
1993年     大学四年の秋、オートバイで交通事故を起こし、内臓破裂で生死をさまようが、高校の恩師
          安達先生が駆けつけ、手を握り締め励まし続けて、奇跡的に命を取り留める
          意識を取り戻した後は、自らの考え方・生き方を変え、教師になる決心をする
          大学卒業後、大手進学塾に就職しながら、母校の教師になるきっかけを待つ
1999年     採用試験に合格し、北星学園高等学校の教師になる
2003年4月   北星学園余市高等学校の過去10年間のドキュメンタリー番組『ヤンキー母校へ帰る~超不良が
          母校の熱血教師に!日本一泣ける卒業式まで・・・』が放映され、大反響を呼ぶ
2003年10月  TBS系列ドラマ『ヤンキー母校に帰る』(竹之内豊主演)が放映され、現実を捉えた内容が話題を
          集める
2005年3月   母校北星余市高等学校を退職
2005年4月   横浜市教育委員会教育委員に最年少で就任
          横浜市内、全515校の学校を『汗かく教育委員』として活動中
2006年4月   東北福祉大学特任講師就任
          警察庁「バーチャル社会のもたらす弊害から子どもを守る研究会」研究員に就任
2006年10月  内閣官房「教育再生会議担当室」室長に就任
2007年4月   東北福祉大学准教授に就任

講演内容

「教育再生 現場からの提言」


主要著書

ヤンキー母校に生きる』文藝春秋、2003年(2006年・文春文庫)
不良少年の夢-全国から集まってきた高校中退者や不登校生と共に戦う』光文社、2003年
ヤンキー先生のたからもの-天使たちの詩』光文社、2004年
生きる』スターツ出版、2005年
君はひとりじゃない-ヤンキー先生の直球メッセージ』大和出版(文京区)、2005年
子どもが見えない』ポプラ社、2005年
ヤンキー先生の教育改革-すべては子どもたちのために』幻冬舎、2005年
ヤンボコ-母校北星余市を去るまで』文藝春秋、2005年
いま、暗闇でふるえているきみへ』光文社、2005年
不良少年の夢-ヤンキー先生の熱き挑戦』光文社(知恵の森文庫)、2005年
ヤンキー先生の子供がわからない親たちへ』祥伝社、2006年