夕学五十講

講師紹介

落合 陽一
おちあい よういち
講演日 2022/01/25 (火)
メディアアーティスト

講師略歴

1987年生まれ、東京大学大学院学際情報学府博士課程修了(学際情報学府初の早期修了)、博士(学際情報学)。筑波大学デジタルネイチャー開発研究センターセンター長、准教授・JSTCRESTxDiversityプロジェクト研究代表。IPA認定スーパークリエータ/天才プログラマー。2017年〜2019年まで筑波大学学長補佐、2018年より内閣府知的財産戦略ビジョン専門調査会委員、内閣府「ムーンショット型研究開発制度」ビジョナリー会議委員、デジタル改革法案WG構成員、文化庁文化交流使、大阪・関西万博テーマ事業プロデューサーなどを歴任。Prix Ars Electronica、SXSW Arrow Awards、MIT Innovators Under 35 Japanなど受賞多数。写真家・随筆家など、既存の研究や芸術活動の枠を自由に越境し、探求と表現を継続している。

落合陽一デジタルネイチャー研究室 / デジタルネイチャー開発研究センター: digitalnature.slis.tsukuba.ac.jp
落合陽一WEBサイト:yoichiochiai.com
落合陽一塾:lounge.dmm.com
Twitter :ochyai

写真:©蜷川実花

講演内容

「ポストコロナを見通す」

ウィズコロナ・ポストコロナ時代と言われるなか、人々の価値観・生活様式が急激に変わりつつある。また、コロナ禍で様々な業態に変化が訪れるなか、DXの市場は成長を続け、我々の生活にはデジタルツールを用いたコミュニケーションが増え続けている。コンピュータ研究者や起業家やアーティストの側面から社会を観察し続けるなかで、現代社会の変化に着目している。コロナ禍において社会がどう変化してきて、今後どういう展望が想定されうるのか。2020年から2021年への変化を振り返り、多くの異なる分野の識者との議論の中で生まれてきた気づきやきっかけを共有し、今後の社会の働き方や動向について、特に起こりつつあるイノベーションを軸に俯瞰した視点を提供する。

※本講演は、講演60分・質疑応答30分の構成です。(20:00終了)
※本講演は講師諸事情により、無観客・オンライン(ライブ)配信に変更して開催いたします。(1/21更新)
 

見逃し配信スケジュール ※本講演を予約された方のみ
2022年2月4日(金)0:00 ~ 2月10日(木)23:59
視聴方法は受講券を購入された方のご登録メールアドレス宛に、見逃し配信開始日の2営業日前にメールでご案内します。
※講演開催形態変更に伴い、特例として配信期間は1週間に延長いたします。(1/21更新)

ライブ配信による受講をご希望の方は
ファシオ社運営の夕学オンラインで視聴権の購入が必要です。
夕学オンラインで視聴権を購入された場合、丸ビルホールでの受講はできませんのでご注意ください。夕学オンラインのご利用に際しては、夕学五十講との違いを必ずご確認の上でご購入ください。

夕学オンラインへのお申込みはこちら