夕学五十講

講師紹介

蟹江 憲史
かにえ のりちか
講演日 2021/06/16 (水)
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 教授

講師略歴

慶應義塾大学SFC研究所xSDG・ラボ代表、国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)非常勤教授。
国連におけるSDGs策定に、構想段階から参画。SDGs研究の第一人者であり、研究と実践の両立を図っている。
日本政府SDGs推進本部円卓会議構成員、内閣府地方創生推進事務局自治体SDGs推進評価・調査検討会委員などを務める。
国連Global Sustainable Development Report(GSDR)の2023年版執筆の独立科学者15人に選ばれている。博士(政策・メディア)。

講演内容

「SDGsを“道しるべ”に社会の再構築を」

「SDGsという言葉を最近聞くようになったものの、その内容や意味が良くわからない」という声を耳にします。
SDGsは2030年の常識を示している目標であり、目標を掲げることで社会変革を起こそう、という新しいグローバルガバナンスの形だと、私は考えます。なぜこのように考えられ、SDGsではどのような動きがあるのでしょうか?
慶應義塾大学SFC研究所xSDGラボにおける研究や取り組みの成果を踏まえながら、参加者の皆さんがSDGsを目指すうえでカギとなる考え方や取り組み方法を示していきたいと思います。
 

見逃し配信スケジュール ※本講演を予約された方のみ
2021年6月25日(金)0:00 ~ 6月27日(日)23:59
視聴方法は受講券を購入された方のご登録メールアドレス宛に、見逃し配信開始日の2営業日前にメールでご案内します。

ライブ配信による受講をご希望の方は
ファシオ社運営の夕学オンラインで視聴権の購入が必要です。
夕学オンラインで視聴権を購入された場合、丸ビルホールでの受講はできませんのでご注意ください。夕学オンラインのご利用に際しては、夕学五十講との違いを必ずご確認の上でご購入ください。

夕学オンラインへのお申込みはこちら


主要著書

未来を変える目標 SDGsアイデアブック』(監修)、Think the Earth著、紀伊國屋書店、2018年
SDGs(持続可能な開発目標)』中央公論新社(中公新書)、2020年