夕学五十講

講師紹介

井上 達彦
いのうえ たつひこ
講演日 2020/10/16 (金)
早稲田大学商学学術院 教授

講師略歴

1997年神戸大学大学院経営学研究科博士課程修了、博士(経営学)。
広島大学社会人大学院マネジメント専攻助教授、早稲田大学商学部助教授(大学院商学研究科夜間MBAコース兼務)などを経て、2008年より現職。
独立行政法人経済産業研究所(RIETI)ファカルティフェロー、ペンシルベニア大学ウォートンスクール・シニアフェロー、早稲田大学産学官研究推進センター副センター長などを歴任。WASEDA EDGE(文部科学省助成 次世代アントレプレナー育成事業)「教育のための実践」責任者。
2003年経営情報学会論文賞受賞。
専門分野は、ビジネスモデル・デザイン、事業創造と変革、競争戦略。

今回扱う著書
ゼロからつくるビジネスモデル』(東洋経済新報社)

参考 講義項目予定
● 加速するパラダイムシフト
● ビジネスチャンスを見つける技術
● ビジネスモデルづくりのサイクル
● 前提を大切にして論理性を優先させる
● 前提を疑って創造性を優先させる
● ビジネスモデルを「リフレーム」する

講演内容

「ゼロからつくるビジネスモデル ~with/afterコロナにおけるリフレームの手法~」

「ビジネスモデルの静かな革命」が顕在化し始めています。デジタル化の進展とともに、支配的だったモデルの影が薄れ、グローバルな時価総額ランキングに上位を占める企業の顔ぶれも違ってきました。この変化は、価値の生み出し方に関わるパラダイムシフトに由来するものですが、それがコロナショックにより加速しています。
この講座では、パラダイムシフトをいくつかのトレンドに整理しつつ、それに対応できるビジネスモデルの「つくりかた」を紹介します。ビジネスモデルのつくりかたは、大きく2つあります。1つは、これまでの前提を大切にして論理性を優先させるもの。もう1つは、これまでの前提を疑って創造性を優先させるものです。
コロナショックにより、つくりかたのパラダイムシフトも加速しています。withコロナとafterコロナを見据え、これまでの当たり前を疑い、ビジネスモデルを「リフレーム」する方法について解説します。

見逃し配信スケジュール ※本講演を予約された方のみ
2020年10月23日(金)0:00 ~ 10月25日(日)23:59
視聴方法は受講券を購入された方へ、講演終了翌営業日以降にメールでご案内します。

ライブ配信による受講をご希望の方は
ファシオ社運営の夕学オンラインで視聴権の購入が必要です。
夕学オンラインで視聴権を購入されても、丸ビルホールでの受講はできませんのでご注意ください。
夕学オンラインのご利用に際しては、夕学五十講との違いを必ずご確認の上でご購入ください。

夕学オンラインへのお申込みはこちら


主要著書

ゼロからつくるビジネスモデル』東洋経済新報社、2019年
模倣の経営学-実践プログラム版』日経BP社、2017年 ※オリジナル版が中国、台湾、韓国、タイの4つの国と地域で翻訳。
模倣の経営学-偉大なる会社はマネから生まれる』日本経済新聞出版社(日経ビジネス人文庫)、2015年
ブラックスワンの経営学-通説をくつがえした世界最優秀ケーススタディ』日経BP社、2014年 ※DIAMOND ハーバード・ビジネスレビュー読者が選ぶベスト経営書2014、9位、『週刊ダイヤモンド』ベスト経済書2014、9位。
キャリアで語る経営組織 -個人の論理と組織の論理』(共著)、有斐閣(有斐閣アルマ)、2010年


推薦サイト

将棋AI「HEROZ」驚異の成長を支えるビジネスモデルの意外な仕掛け(ダイヤモンドオンライン)
https://diamond.jp/articles/-/241828

「儲けたい」と「モテたい」は焦りが禁物な理由(東洋経済オンライン)
― 「下心と恋心」は「遠交近攻」の逆説で考える
https://toyokeizai.net/articles/-/319802