夕学五十講

講師紹介

内田 和成
うちだ かずなり
講演日 2020/12/08 (火)
早稲田大学ビジネススクール 教授

講師略歴

1951年生まれ(東京都出身)。
東京大学工学部卒業、慶應義塾大学経営学修士(MBA)。
日本航空株式会社を経て、1985年ボストンコンサルティンググループ(BCG)入社。
2000年6月から2004年12月まで日本代表。
2009年12月までシニア・アドバイザーを務める。
BCG時代はハイテク・情報通信業界、自動車業界、金融業界など幅広い業界で、全社戦略、事業戦略、マーケティング戦略、IT、新規事業戦略など多岐にわたる分野のコンサルティングを行う。
2006年4月、早稲田大学院商学研究科教授就任(現職)。
2007年4月より早稲田大学ビジネススクール教授。
競争戦略論やリーダーシップ論を教えるほか、エグゼクティブプログラムでの講義や企業のリーダーシップトレーニングを実施。 

内田和成のビジネスマインド : http://kazuchida.com/blog/businessmind/
Twitter : @kazuchida
Facebook : https://www.facebook.com/kazuchidaofficial/

講演内容

「右脳思考―観・感・勘のススメ―」

ボストンコンサルティングでの豊富な経験をベースに、実践的な戦略論を説く内田先生。夕学五十講でも、「異業種競争戦略」「既存事業の競争戦略」について講演いただいてきました。今回は、戦略づくりを支える思考法についてお話いただきます。
ともすれば、ビジネスにはロジック(左脳)が大事だと言われます。一方で、近年はデザイン思考への関心に見られるように、勘や感覚(右脳)が注目されております。コンサルタント時代から右脳重視派だったという内田先生に「右脳思考」をたっぷり語っていただきます。(夕学事務局筆)

見逃し配信スケジュール ※本講演を予約された方のみ
2020年12月18日(金)0:00 ~ 12月20日(日)23:59
視聴方法は受講券を購入された方へ、講演終了翌営業日以降にメールでご案内します。

ライブ配信による受講をご希望の方は
ファシオ社運営の夕学オンラインで視聴権の購入が必要です。
夕学オンラインで視聴権を購入されても、丸ビルホールでの受講はできませんのでご注意ください。
夕学オンラインのご利用に際しては、夕学五十講との違いを必ずご確認の上でご購入ください。

夕学オンラインへのお申込みはこちら


主要著書

デコンストラクション経営革命』日本能率協会マネジメントセンター、1998年
eエコノミーの企業戦略』PHP研究所、2000年
「量」の経営から、「質」の経営へ』(共著)、東洋経済新報社、2003年
顧客ロイヤルティの時代』(共著)、同文館出版、2004年
仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法』東洋経済新報社、2006年
異業種競争戦略』日本経済新聞出版、2009年
論点思考 BCG流 問題設定の技術』東洋経済新報社、2010年
プロの知的生産術』PHP研究所(PHPビジネス新書)、2011年
ゲーム・チェンジャーの競争戦略』日本経済新聞出版、2015年(2018年・日経ビジネス人文庫)
右脳思考』東洋経済新報社、2018年
右脳思考を鍛える: 「観・感・勘」を実践! 究極のアイデアのつくり方』東洋経済新報社、2019年
リーダーの戦い方』日本経済新聞出版、2020年