夕学五十講

講師紹介

坂村 健
_
講演日 2002/11/21 (木)
東京大学大学院情報学環教授

講師略歴

1951年東京生まれ
東京大学大学院情報学環教授

1984年~TRONプロジェクトのリーダーとして、まったく新しい概念によるコンピュータ体系を構築して世界の注目を集める
現在、TRONは携帯電話をはじめとしてデジタルカメラ、FAX、車のエンジン制御と世界でもっとも使われている組込OSとなっている
さらに、コンピュータを使った電気製品、家具、住宅、ビル、都市、ミュージアムなど広範なデザイン展開を行っている

1999年~IEEE(米国電気電子学会)のマイクロエレクトロニクスの学会誌である「Micro」のEditor In Chief(編集長)を務めている

IEEEフェロー  
第33回市村学術賞特別賞受賞(財団法人新技術開発財団)
2001年武田賞受賞(財団法人武田計測先端知財団)


講演内容

「ユビキタス・コンピューティング革命」

身のまわりのあらゆるモノにコンピュータが入り、それらが全てネットワークで接続され、協調して動作しながら我々の生活をかげで支えてくれる。
PCの時代が終わり、私が早くから提唱してきたこのようなユビキタスコンピュータ(どこでもコンピュータ)の時代に入ろうとしている。このユビキタスコンピューティングを実現するための最先端の技術動向と社会的影響、将来の可能性などについてお話しする。


主要著書

  • 『TRON DESIGN』パーソナルメディア、1999年

  • 『情報文明の日本モデル』PHP研究所(新書)、2001年

  • 『21世紀日本の情報戦略』岩波書店、2002年

  • 『痛快!コンピュータ学』集英社(文庫)、2002年

  • 『ユビキタス・コンピュータ革命』角川書店(新書)、2002年

  • 推薦図書

  • 『TRON DESIGN』坂村健著、パーソナルメディア、1999年

  • 『情報文明の日本モデル』坂村健著、PHP研究所(新書)、2001年

  • 『21世紀日本の情報戦略』坂村健著、岩波書店、2002年

  • 『痛快!コンピュータ学』坂村健著、集英社(文庫)、2002年

  • 『ユビキタス・コンピュータ革命』坂村健著、角川書店(新書)、2002年

  • 推薦サイト

    http://tron.um.u-tokyo.ac.jp/
    (坂村研究室)